2016.09.21

育毛、薄毛のケア

今日は薄毛のケアについて書いていきます。

男性女性問わず最近は気にされてる方が多い印象を持ちます。

ケアをするのに育毛剤を使ってみようとか思ってもどういう基準で選んでいいか中々分からないかと思います。

色んな情報がありますが、このジャンルは特に胡散臭い物も多いです…

そこで日本皮膚科学会が2010年に育毛ガイドラインを発表してます。これを目安に選んでいただくといいのではないかと思います。

育毛ガイドライン(←クリックでファイルに飛べます。)


このファイルの中で有効な成分が載っているのとそれぞれがどの程度勧められるか、そして軽度だとこの辺り、中程度、重症だとこの辺りとかも載ってますので病院に行くとかもしくは育毛剤を薬局などで買う際も参考にしてもらうといいと思います。


簡単にまとめますと

男性、女性共に軽症

・塩化カルプロニウム液
・t-フラバノン
・アデノシン
・サイトプリン・ペンタデカン


男性軽症、中等症、重症

・5%ミノキシジル
・フェナステリド(病院の処方薬)
1年間使用→ダメなら地毛植毛orかつら

女性軽症、中等症、重症

・1%ミノキシジル
1年間使用→ダメなら地毛植毛orかつら


こんな感じでしょうか、個人的な意見も交えると、

20代前半〜半ばくらいで何も兆しがないくらいだと軽症の成分なんかでも1000円〜2000円くらいの物もあるのでそのあたりを予防で使うくらいがいいかと思います。

後は年齢が上がるにつれて上の成分を含む物などで値段の上がる物を使っていったらいいかと思います。

そして確実に兆しが出てくるくらいになったら女性は1%ミノキシジルの入った育毛剤、男性は5%ミノキシジルの入った育毛剤、そして食い止めたいレベルになってきたら男性は皮膚科でフェナステリド(プロペシア)を処方してもらうといいと思います。
プロペシアとミノキシジルは作用が違うので男性の方は予算がかけれるなら併用するといいと思います。(ミノキシジル、フェナステリドどちらかのみの場合は内服の方がかなりアドバンテージがあるのでフェナステリドの方がオススメ、後余り進行すると効果がないみたいなのである程度のうちがいいです。)

女性の方の男性型脱毛(男の人みたいに生際の後退や頭頂部が薄くなるケース、かなり少ないですが)や女性型脱毛(髪全体が薄くなるケース)や髪の伸びるサイクルが短くなり短い毛が増える、こういった症状が進んだ時に何か有効な手立てがあるかは自分では分からないですが目に見て分かるくらいになったら皮膚科で相談してみてもいいかも知れません。


男性も女性も遺伝の要素が確実にあると思いますのでそういった要素がある場合は早いうちから予防をするといいと思います。

地毛植毛なんかは自費治療の手術になりますので費用がかなり高額になりますので一般的にはそこ迄はしないとおもいます。
ただ世の中にはかなりの高額な費用のかかる育毛のプランもあるのでそういった事をするくらいなら地毛植毛を病院をしっかり選んで検討してもいいと思います。


後予防では男女共に20歳も過ぎたらお風呂上がりなんかに毎日1分程度の頭皮のマッサージなんかは早いうちからしてあげるといいと思います。
その際に上の成分を含んだ育毛剤を年齢、状態に応じて使ってもらうといいかと思います。

2016.09.21 12:35 | ヘアケア | コメント(0)


    〒803-0812
    福岡県北九州市小倉北区室町2-3-5

    〈駐車場有り〉詳しくはこちら

     営業時間について

    ◎営業時間
    9:30 〜 23:00の間で1日12時間

    ◎最終受付
    21:00 カット
    20:30 カットプラススパ or トリートメント、カラーのみ
    20:00 カットカラー、パーマ
    19:30 パーマカラー、縮毛矯正
    19:00 縮毛矯正カラー

    ◎時間外応相談
    30分+¥500(セットのみ30分まで無料)

    *セットの場合のみAM9:00までは時間外料金をいただきません。
    それより前のお時間から時間外料金が発生します。

    時間外は当日や前後の日にちの朝夜等が空いている場合のみ受け付けております。
    時間外を希望されるときは早めにご相談下さい。

    当日のキャンセル・変更は、50%〜100%のキャンセル料をいただきます。
    お日にちの変更などはお早めにお願いします。

    ご予約:093-583-7207

    roomのtwitter roomのfacebook

    Top